あなたは何で選んでますか?料金で選ぶ福岡脱毛ランキング
最新のランキング結果はこちら

個人個人の効果の違いはなぜ

個人個人の効果の違いはなぜ

ここ何年かで一般的になってきた光脱毛は、ニードル脱毛やレーザー脱毛に比べ痛みが少なく、さらには料金も断然に低価格ということで大変人気です。ニードル脱毛や医療レーザー脱毛は痛みが強く、痛みに我慢できないという人もかなりいるみたいですね。それに対し光脱毛は痛みがものすごく少ないので、敏感肌の方や肌がデリケートな方でも各サロンでカウンセリングのもと、安心して施術を受けることができます(症状によりNGの場合あり)。安くて痛みがないなんて聞くといいことばかりでみんな光脱毛をしたらいいじゃないのかなと思いがちですが、痛みが弱いということは当然のごとく脱毛効果はニードル脱毛やレーザー脱毛よりも劣ります(個人差はあります)。そのため、予約が取れれば月に一度のペースでも何度も繰り返して脱毛を行う必要があります。個人差や毛の量にもよりますが、全身脱毛を毎月通ったとして1年から3年ほど期間がかかることでしょう。どの程度で自己満足するかにもよりますが人によったら数回で毛が薄くなり満足する方もいらっしゃるでしょう。
最近は一般的になってきた光脱毛ですが、これを永久脱毛だと思ってる方もいますが、光脱毛は不再生脱毛ともよばれており、正確に言うと永久的な脱毛効果があるのかは正直わからないのです。
光脱毛は個人差がものすごくあり、1回で効果を実感できない方もけっこういらっしゃいまして多少の効果に気付きにくかったりもありますが何回か数を重ねてくうちに目に見えて毛がポロポロと抜け徐々に薄くなっていくことに感動を覚えることでしょう。1回の照射で全てのムダ毛が抜けてくれるわけではありません。もう周期の関係もありますから、皮膚の下に眠っていた毛は伸びてくると皮膚からまた出てくるわけですですから、効果的に光脱毛をするのであれば、毛周期に合わせて脱毛をするのがベストなのです。月に1度くらいのペースがいいでしょう。1回や2回の脱毛で効果がないからと言って、脱毛サロンに通うのをやめてしまうのは本当にもったいないですよ。よく理解して辛抱しましょう。
また家庭での自己処理で一番問題なのは、毛抜きやテープで抜いてしまうことです。抜いてしまってはその箇所に光がまったく反応できずまったく効果を得られません。それだけじゃなく、肌を傷つけ、毛穴が広がり色素沈着の原因にもなります。光脱毛は色素沈着箇所にも反応するためやけどしてしまう危険性があります。危険です。毛抜き等の自己処理をされていた場合、最低でも3か月くらいは期間をあけてから脱毛サロンに通うことをお勧めします。
自己処理方法は通われてる脱毛サロンのスタッフの指示のもと行いましょう。
そうしていけば、自分にあった最適なペースで効果を得ていけることでしょう。スタッフとのコミュニケーションも大切だと思われます。