あなたは何で選んでますか?料金で選ぶ福岡脱毛ランキング
最新のランキング結果はこちら

ワキを自己処理する時の注意点

ワキを自己処理する時の注意点

ワキの下、夏場など水着やタンクトップ、ノースリーブの洋服の時など、特に気になるものですよね。
ムダ毛処理はしてあるものの、黒ずんでいたり、肌状態が良くないため、不潔感を与えてしまうこともあります。
ワキ下は、そこまで目につく部分ではありませんが、きれいな状態だとやはり人に与える印象はアップするものです。処理方法も、いろいろな方法がありますが、一番スタンダードな方法が、カミソリを使う方法ではないでしょうか?
間違った方法で行うとカミソリ負けや色素沈着、埋没毛などのトラブルを起こす恐れがありますので注意して下さい。脇毛の処理はお風呂の中で行うという方が多いと思いますが、実はお風呂での処理は避けたほうが良いのです。入浴時や入浴後は角質層が非常に柔らかくなっているため、カミソリをあてることで角質を一緒に削ってしまう可能性が高くなるためです。場所はお風呂でも良いのですが、シェービングは肌が乾いた状態で行ってください。
ただし、乾いた肌にそのままカミソリをあてると角質も削ってしまうので、ワセリンやクリームを塗り、カミソリのすべりをよくした状態で剃るようにしてください。
シェービングクリームは毛を剃りやすくしてくれるのはいいのですが、必要な皮脂まで奪ってしまうため、ワセリンやクリームを塗ることをオススメします。また、カミソリより電気シェーバーの使用をオススメします。
電気シェーバーは直接刃が肌を削らないので、より肌にやさしいためです。
全身使える女性用電気シェーバーをひとつ持っていると便利だと思います。
防水タイプのものも多いので、お風呂の中でも使えますよ。
そして剃る時は、同じところを何回も剃らないよう注意して下さい。何度もカミソリをあてると皮膚を傷めてしまいますので、毛の流れに沿って、1回で剃るよう心がけることが大切です。
シェービングの後は保湿ケアも忘れないように。保湿剤には肌に負担をかけないワセリンがオススメです。
冷却ジェルや氷で冷やすと毛穴が引き締まるので、さらにダメージを緩和することができます。
また、2、3日は剃った部位に石鹸を使うことも控えましょう。もともと、ワキ下部分は通気も良い場所ではないことに加え制汗剤等の使用により、黒ずみや、肌トラブルが起きやすい部位でもあります。
そのため、ワキの自己処理の際には、きちんとしたアフターケアをすることが大切になってきます。
また、生理前後や風邪などの体調が悪い時は、抵抗力が落ちているため肌が敏感になっています。
こういう時にムダ毛処理をするとトラブルを引き起こしやすいので、できるだけ避けるようにして下さい。