あなたは何で選んでますか?料金で選ぶ福岡脱毛ランキング
最新のランキング結果はこちら

ブラジリアンワックス脱毛とは?

ブラジリアンワックス脱毛とは?

ビキニラインの部位を含む毛を、ワックス剤を用いて脱毛をする方法。
アンダーヘア全て、もしくは一部デザインを決めて残すことも可能。
欧米では極めて一般的で衛生的な生活習慣。毛=不潔という認識が高い。
現在、世界で使用されているワックス製品の分類の一部にはソフトワックス、ハードワックス、ロールオンワックスがあります。

ソフトワックス

柔らかく比較的高温のワックスを塗布し、ペーパーを粘着させワックスと一緒に毛根から脱毛するモノ。
主にボディーなどの広い面の脱毛に適しておりセンシティブな部位には今では使用しない。

ハードワックス

ワックス自体が固まりそれを剥がすことにより毛根から脱毛するモノ。
ソフトワックスの施術で起こる様々なトラブルを解消するために開発された。
センシティブ部位の脱毛に最も適しており、海外でビキニラインの部位をワックス脱毛する際はこのハードワックスを使用するのは今や当たり前となっている。

ロールオンワックス

ワックス自体はほぼソフトワックスと同類のモノ。スティック上の容器に入ったワックスをローラーヘッドで塗布することにより大幅に施術時間が短縮され、また均一に素早く塗布することができる。

ワックス脱毛は海外で人気があり、映画や雑誌、有名人が使用しているということもあり、認知度も高いがそれなりにトラブルも…。

【鳥肌のようにブツブツした皮膚になる】
ワックスでむりやり毛を引っ張って引き抜くわけですから、敏感肌の人や皮膚が弱い人は特に注意が必要です。ワックス脱毛時に毛と一緒に引っ張られた皮膚が盛り上がり、鳥肌のように毛穴がブツブツしてしまう事があります。毛を抜くことによって、毛を立てる筋肉である立毛筋が過剰に緊張します。その結果、毛穴が立っているように見えます。

【色素沈着をおこす】
ワキやビキニゾーンなど皮膚の弱いところはリンパも近い為、下着や衣服の擦れによって色素沈着を起こしやすい部位です。
その他太りすぎの人は皮膚同士の摩擦なども刺激となって色素沈着の原因となっています。
それに加え、ワックス脱毛によって外的刺激をあたえるので色素沈着を加速させます。

【表皮剥離】
ペーパーを使ったソフトワックスでの施術で皮膚に余分な力が加わり、本来毛だけを取り除くはずが皮膚まで一緒に剥がしてしまう事があります。皮膚が剥がれてしまった箇所は薄くピンク色で触るとヒリヒリします。下着が触れるだけで激痛を伴います。皮膚疾患をお持ちの方や極度の乾燥肌の方は注意が必要です。

【内出血】
ワックスを剥がす際にしっかりサポートが出来ていない場合皮膚に大きな衝撃が加わり、内出血や青あざが出来てしまいます。

【炎症をおこし、毛嚢炎(もうのうえん)になる】
毛穴に雑菌が侵入し何らかの原因で細菌感染をおこす状態です。
脱毛後の開いた毛穴を清潔に保つことで防げますが適切なアフターケアの説明・指示を怠ればすぐに炎症を起こしてしまいます。ブラジリアンワックスで最も多いトラブルのひとつです。

【埋もれ毛、埋没毛ができる】
埋没毛ができる仕組みは、新しい毛が肌表面に出てこようとする時に、毛穴を皮膚がふさいでしまって、出てこれない状態になることです。毛穴から毛が出れず皮膚の下で成長してしまった状態です。脱毛後の適切な処置、アフターケアで防ぐことが出来ます。埋もれ毛を放っておくと炎症の原因になったり、黒ずみの原因にもなりかねません。ワックス脱毛は毛を一気に引きはがす脱毛方法ですから埋もれ毛が出来やすくなります。

ワックス脱毛は即効性はありますが、それと同時にトラブルも目立ちます。
また、毛を抜いているだけなのでもちろん生えてきます。
今、毛を無くしたいのか。一生を見据えて毛を生えなくしたいのか。
自分に合った脱毛方法を選ぶ必要がありそうです。