あなたは何で選んでますか?料金で選ぶ福岡脱毛ランキング
最新のランキング結果はこちら

ハイパースキン脱毛の効果

ハイパースキン脱毛の効果

ハイパースキン脱毛とは光脱毛の一種で、現在生えている体毛ではなく、皮膚の中でまだ毛に成長していない「発毛因子」にアプローチする脱毛法である。生えている毛を脱毛するのではなく、そもそも種から発毛しにくくさせるという理論なので、正確には抑毛法といえる。毛穴から自然に毛が抜けた後、もしくは生える前の毛穴だけにアプローチしていくため、今現在生えている毛には何の変化も起きない。つまり脱毛効果を実感するには長い期間がかかるといわれている。ハイパースキン脱毛はインターネットなどで「小学生から出来る脱毛」「無痛の脱毛」と謳われているが、子供の肌に照射できる光ということは当然出力の低い、弱い光で施術をするということになる。また、痛みに関しては通常の光脱毛も、以前言われていたような「ゴムで弾かれたような痛み」を伴う機械から改良が重ねられているため、熱さや痛み無く施術できるようになっている。
ハイパースキン脱毛の特徴として挙げられている、『毛穴から毛が抜けた後、もしくは生える前である「発毛期(休止期)」状態の毛穴だけに効果を発揮する特殊な光』は、光の温度は38度以上にはならないので、従来の脱毛で使用されるレーザー機や光脱毛機が発する温度よりかなり低いと言える。肌に優しい分最短3週間に1度の施術が可能といわれており、通常1ヶ月間は施術期間をあけなければならない光脱毛と比べても、いかに光の出力レベルが弱いのかがうかがえる。
ハイパースキン脱毛は、脱毛法として確立されてからまだ日が浅いために、理論的には脱毛が可能であっても、脱毛効果の個人差を含めまだ本当の効果というのがはっきり分かっていない。効果を実感するまでに他の光脱毛よりも時間がかかり、特にワキやエチケットなど毛の量が多く一本一本が太い箇所などは、レーザー脱毛や光脱毛の効果が高いため、比べてしまうと効果が感じられないという不満が出てしまう。このように効果は実感しにくいが、最新の脱毛法であるため料金は高額で、1回1回が安く宣伝されていても、脱毛完了までには長い期間がかかり、結果高額になってしまう。
以上のように効果や料金の面ではやはり光脱毛が人気である。しかし、光が弱く肌負担が少ないという事で、レーザー脱毛や光脱毛は受けられない小学生でもハイパースキン脱毛であれば施術が受けられる。子供のころから通って抑毛していく手段としては、ハイパースキン脱毛は便利であるともいえる。自己処理をはじめることなく成長すれば、成人後もキメ細かい肌を維持できるため、小・中学生にオススメの抑毛法である。